会社概要

基本方針

本社外観写真

技術力のたゆみない向上を志向し、芸術の薫りと高付加価値な、真心を込めた美術品づくりに徹する。

作家の立場に立った1品ごとの手仕上げにより、企業として、日本全国の彫塑家・工芸家の鋳造アトリエを目指す。

都市アメニティに向け、モニュメントの制作を通して空間創造を提案し、社会に貢献する。

会社概要

■会社名黒谷美術株式会社       (英文名)Kurotani Bijutsu Ltd.
■所在地
〒930-0271  富山県中新川郡立山町浅生150-1
■電話番号
076-462-7311
■FAX番号
076-462-7322
■IP電話050-3540-8454
■Eメールhonsha@kurotani.jp
■東京営業所
〒104-0051   東京都中央区佃1丁目11−8ピアウエストスクエア・ノースウイング2階
TEL (03)5548-2121 FAX (03)5548-2122
IP電話  050-3537-6276
Eメール tokyo@kurotani.jp
■立山工場
〒930-0271   富山県中新川郡立山町浅生1
TEL (076)462-7511
IP電話  050-3430-8231
Eメール tateyama@kurotani.jp
■代表者代表取締役社長 黒谷 政弘
■設立年月日昭和47年4月
■資本金2650万円
■従業員数65名
■業務内容
1.モニュメント・大型銅像・公園施設の製作・施工
2.作家塑像の受託鋳造、設計図面の鋳物製品の製作
3.鋳物製の美術工芸品・建築装飾の企画製作・販売
4.美術館収蔵品・文化財のロストワックス精密鋳造
5.屋外銅像の調査診断・着色の色直し・破損の修復
■営業品目
○ 現代彫刻、銅器・置物、仏像・仏具、貴金属製品
○ 銅像・胸像、記念碑、各種銘板、建築の装飾金物
○ 鋳物製の河川柵、高欄パネル、門扉、景観施設等
■取引銀行北国銀行高岡支店 高岡信用金庫西部支店 北陸銀行高岡支店 商工中金高岡支店

会社沿革

■1880年代
前社長黒谷他津雄の先々代黒谷津次郎氏によって、高岡市で美術銅器の鋳造販売の基礎を築く。この間、付随業務として、銅器業界への材料支給のため銅地金および唐金等を販売していたが、戦後、黒谷商店に改称するに伴って非鉄金属部門を創設。それとともに銅合金の精練部門が増設され、さらに非鉄二次製品販売部門を拡充し、事業の拡大を図った。
■1967年株式会社へ組織変更し、黒谷株式会社と名称を変更。他方、美術鋳物の研究開発に取り組み、ロストワックス精密鋳造による量産体制を確立。同時に新たな素材である銀を用いて貴金属、美術品等の製造販売開始。次いで金製品、日展出品作品へと次第にその領域を広げ、昭和47年4月、黒谷美術株式会社として分離独立を図った。
■1971年立山町に新工場を建設し生産を開始。以来、47年12月、48年5月、50年8月と、生産の増大に伴って工場の拡大を図った。現在、工場面積6,500㎡の近代的工場として、金・銀・銅合金および高純度アルミ製の高級美術品を生産し、今日に至っている。
■2017年
2017年5月29日 射水市奈呉の江10番地7より中新川群立山町浅生150-1に本社を移転し業務を開始する。
立山工場に隣接する形になり営業事務部門・生産部門の一体化が今まで以上に進む事でお客様と築いてきた信頼をこれからも未来へと繋いでいくための本社機能の移転とした。

▼お気軽にお問い合わせください

黒谷美術株式会社

富山県中新川郡立山町浅生150-1
TEL.076-462-7311
FAX.076-462-7322
現代彫刻 銅器・置物 仏像・仏具 貴金属製品 銅像・胸像 記念碑 各種銘板 建築の装飾金物鋳物製の河川柵・高欄パネル・門扉 景観施設等 レリーフ|立像肖像 モニュメント フェンス 面格子 銘板 エッチング銘板 サイン|ブロンズ ブロンズ鋳物ブロンズ像 青銅 青銅鋳物 燐青銅 アルミニウム アルミニウム鋳物 真鍮 真鍮鋳物 金 銀ゴールド シルバー 
2
6
9
2
4
3