本文へ移動

銅像・胸像製作のポイント

銅像や胸像の制作依頼をされるお客様の多くは、初めての方です。
このページでは、ご注文される場合の大切なポイントをご紹介いたします。
まず《形状(全身像/胸像)》、《大きさ(高さ)》《設置場所》《台座》などを決めて頂く必要があります。
 
※お客様のご希望とご予算に応じて、最善の提案をさせて頂きます。

①胸像/全身像の大きさや台座を決めましょう

《形状(胸像/全身像)》
胸像にはⅠ型とⅡ型をご用意しています。
Ⅰ型は、頭部から胸部をバランス良くまとめた像です。室内などの限られた空間に最適です。
Ⅱ型は、Ⅰ型に腹部を足した像です。室内から屋外などの広い空間に向いています。
全身像は、身体全てを表現することによって、成し遂げた功績の大きさを讃えるものです。広い空間に向いています。
《大きさ(高さ)》
大きさは、等身が基準になります。
ご覧になられる近さ、対象の方との関わり、空間の広がりによってご検討下さい。
設置場所》
室内に設置されるか、屋外に設置されるかを最初に決めておくことが肝要です。設置場所によって、適切な大きさ、台座が決まります。
《台座
室内であれば木製の台、屋外であれば石材で施工するのが一般的です。お好みのデザインを提案致します。
銅像・胸像の製作にあたり、その内容はご予算に応じて大体が決まるとお考えください。立像、座像、胸像などの形の種類と大きさ、台座をどういうものにしたいのか?
上記の内容を決めていきましょう。
 
サイズと価格については価格表にてご確認して頂くとよいでしょう。
 
黒谷美術ではご予算に応じてメーカーとしてのノウハウや経験を活かし、最高の提案をさせて頂きますので是非、お気軽にご相談ください。
 

②原型の制作について

弊社では、原型を専属の一流作家により制作しています。
胸像や銅像の制作において重要なことは、熟練の技と誠実な心です。 
原型の良し悪しが、お客様の満足に直結していると弊社では考えております。
資料に忠実な高い品質の原型を制作することによって、日本全国から高い評価を頂いております。
 
一方で、胸像や銅像を精神性の高い芸術作品として制作するのが彫刻家です。
対象となられる方の生き方や信条を肖像に加えて作ります。
精神性に永遠の命を吹き込み、本人より本人らしく表現します。
気品溢れる美しい肖像を制作します。
 

③材質について

胸像や銅像の材料は純銅ではなく、銅合金です。
鋳造に用いられている材料は、青銅やブロンズと呼ばれていますが同じものです。
弊社では室内向けの青銅は銅85%、錫5%、亜鉛6%などの配合になります。
屋外向けの青銅は燐青銅と呼ばれる特殊な合金です。
銅95%、錫4%などの配合になり、耐久性・耐候性に著しく優れています。
 
青銅の表面にできる緑青は、酸素、二酸化炭素、水分、塩分などと反応し
金属上に生成される保護被膜です。されます。
緑青が作られることによって金属表面への腐食の進行を防ぎます。
青銅に発生する緑青は、年月と共に味わい深い美しい色へと変化します。
 

④着色について 

着色は茶系色と青銅色に分かれます。
茶系色はお歯黒と呼ばれ、鉄しょうや顔料を
焼き付けることによって得られる色です。
暖色系であるため温かみのある優しい表現となります。
さらに、赤味や黄色味を加えることによって微妙な色の調整が可能です。
室内に設置する胸像や銅像に向いています。
 
青銅色は緑青によって表現されます。
青銅の表面にできる緑青は、酸素、二酸化炭素、水分、塩分などと反応し
金属上に生成される保護被膜です。
緑青が作られることによって金属表面への腐食の進行が防がれます。
青銅に発生する自然の緑青は、年月と共に味わい深い美しい色へと変化します。
 
 
 

⑤設置場所について

胸像や銅像は立体の彫刻であるため、適切に光が当たるように配慮することが必要です。
特に屋外の場合は、石材で台座を作ったりアンカーボルトで固定するため、いったん設置すると容易に移設ができません。
あらかじめ設置場所の検討をしておくことが大切です。
メールお問い合わせ
24時間受付中!!
お問い合わせはこちら
関連

現代彫刻 銅器・置物 仏像・仏具 貴金属製品 銅像・胸像 記念碑 各種銘板 建築の装飾金物鋳物製の河川柵・高欄パネル・門扉 景観施設等 レリーフ|立像肖像 モニュメント フェンス 面格子 銘板 エッチング銘板 サイン|ブロンズ ブロンズ鋳物ブロンズ像 青銅 青銅鋳物 燐青銅 アルミニウム アルミニウム鋳物 真鍮 真鍮鋳物 金 銀ゴールド シルバー 
2
9
5
4
2
7
TOPへ戻る