金閣寺鳳凰

金閣寺のてっぺんにあるのは孔雀ではなく、不死鳥。想像上の動物で、古来中国では「鳳凰」と呼ばれていました。鳳凰は、永遠の命と権力の象徴。戦乱のない、京の都の平和を祈って、金閣のシンボルとしてここに掲げられたといいます。
現在の鳳凰は3代目で、修復には、鳳凰の原型をもとに鋳造した。

種類 美術品
大きさ H170cm W140cm D140cm
素材 燐青銅
原型作者 楠元 香代
設置場所 京都府京都市 金閣寺
設置年度 1987年
作成期間 4ヶ月

全ての作品