山東竜

シャントンゴサウルスは白亜紀後期アジアに生息した大型のハドロサウルス類である。大型化の特長として前足が他のハドロサウルス類よりも長く発達している。これは巨体を支えるためほとんど4本足で生活するための適応と考えられる。またクチバシは横に大きく広がり、下あごの骨が熱くないっている。このことからもシャントンゴサウルスが、地表面からある程度の高さの植物を巨大な芝刈り機のように刈り取って食べていたことが推測される。
骨格は基本的には北米のエドモントサウルスに似ており、同じ種類ではないかという研究者もいる。しかし、一般にはその巨大さと、尾の骨の説特長から別の恐竜と考えられている。
またシャントンゴサウルスだけではなく、アジアではハドロサウルス類は比較的湿潤な低地だった地層から発見される。彼らはそのような環境を好む動物であったようだ。

種類 美術品
大きさ H700cm W1,400cm D1,100cm
素材 青銅
原型作者 神戸 峰男
設置場所 岐阜県岐阜市 メモリアルセンター
設置年度 2000年6月
作成期間 7ヶ月

全ての作品